分析化学 分光分析 - 北森武彦

北森武彦 分析化学 分光分析

Add: rudopaw64 - Date: 2020-12-11 11:55:25 - Views: 9662 - Clicks: 9075

東京化学同人 (著) シルバーシュタイン (著) David J. 会場 分析化学討論会会場(詳細は下記連絡先まで). 第1回受賞者(平成24年度) 小林 由佳 (物材機構 ):有機塩橋物質の電子機能に関する研究 唯 美津木 (分子研 ):固体表面での分子レベル触媒構造の構築とその機能の可視化 第2回受賞者(平成25年度) 内田 さやか(東大院総合文化 ):多孔性イオン結晶の構築と機能の開拓 牧浦 理恵(阪府大21世紀科学研究機構) :有機-無機複合ナノ構造体の構築と機能創出 第3回受賞者(平成26年度) 児島 千恵 (阪府大院工 ):デンドリマーの機能化とナノメディシンへの応用 犀川 陽子 (慶大理工 ):合成終盤の骨格形成による有用ポリケチド類の効率的合成 第4回受賞者(平成27年度) 鳴瀧 彩絵 (名大院工 ):高分子を利用した液相からのナノ組織体の創製 松島 綾美 (九大院理 ):含フッ素リガンドで解き明かす受容体活性化の分子機構 第5回受賞者(平成28年度) 佐藤絵理子(大阪市立大院工 ):反応性高分子の精密合成および界面機能性材料への応用 高瀬 舞(室蘭工大院工 ):界面を制御した金属・半導体ナノ構造による光化学反応誘起 第6回受賞者(平成29年度) 近藤 美欧(分子研 ):小分子変換を志向した機能統合型錯体触媒の開発 床波 志保(大阪府大院工 ):機能性ナノ/マイクロ構造デザインと新規バイオ分析技術の創生 第7回受賞者(平成30年度) 作田 絵里(長崎大院工):アリールホウ素化合物およびそれらを有する金属錯体の創出と光化学 建石 寿枝(甲南大先端生命):非二重らせんDNAに制御される疾患発症機構の解明と非二重らせんDNAの機能制御 第8回受賞者(年度) 小阪田 泰子(阪大高等共創院):バイオサイエンスへの応用を指向した新しい特性をもった光機能ナノ材料の開発 若林 里衣(九大院工):ペプチド・タンパク質の組織化を活用したバイオ機能材料の開発 はじめにもどる. 分光分析 北森武彦, 宮村一夫共著 (基礎化学コース / 井上晴夫 ほか 編,. 分析化学 2-分光分析- - 北森 武彦 著 宮村 一夫 著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 分析化学は、それを方法として利用する場合、測定原理をよく理解することが何より重要である。 本書では、分光分析化学の各分光法を、光やX線、電子線、磁場などと物質の相互作用から、どのように物質の化学情報を得るかという方法論を中心に解説する。. 10~1000 nmサイズの空間を「拡張ナノ空間」と命名し、マイクロ/拡張ナノ空間の化学・バイオを研究するための基盤技術を開発している。また、微小空間ならではの特異的な現象の解明を目指すと共に、それらのユニークな特徴を活用した新たなデバイスを創成している。特に、バイオデバイスでは、細胞のサイズよりも桁違いに小さい拡張ナノ空間を用いて、単一細胞・単一分子レベルで分析可能なデバイスの構築に取り組んでいる。.

主催 日本分析化学会第61回分析化学討論会実行委員会・分析21世紀基金委員会企画運営委員会. 応用化学専攻北森武彦教授がスイス化学会から”Simon-Widmer Award”を授与され受賞講演を行いました。 Simon-Widmer Awardは卓越した業績をあげた分析科学者に与えられる国際賞で、毎年ではなく、年より過去15年間で6名の分析科学者に授与され、北森教授には3. 分析化学 2 - 北森 武彦 他 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。.

北森武彦,澤田. 第1回受賞者(平成17年度) 豊田 二郎(阪大総合学術博物館 ):日本化学会ホームページと年会登録システムの構築における貢献 野村 祐次郎(東大名誉 ):投稿論文の有機化合物命名法校閲に対する多年の貢献 第2回受賞者(平成18年度) 上原 陽一(横浜安全工学研究所 ):環境・安全関係の知識の普及と教育に対する貢献 小川 桂一郎(東大院総合文化 ):論文誌電子化の達成 第3回受賞者(平成19年度) 後藤 達乎(ダイセル化学工業(株) ):日本化学会産学交流事業に対する多年の貢献 第4回受賞者(平成20年度) 富永 健(東大名誉 ):一般市民への環境化学の普及啓発ならびに国の地球環境保全施策の推進への貢献 第5回受賞者(平成21年度) 受賞者なし 第6回受賞者(平成22年度) 受賞者なし 第7回受賞者(平成23年度) 受賞者なし 第8回受賞者(平成24年度) 受賞者なし 第9回受賞者(平成25年度) 渡辺 正(東理大総合教育 ):国際化学オリンピックおよび化学グランプリの活動による化学教育普及 伊藤 眞人(創価大工 ):国際化学オリンピックおよび化学グランプリの活動による化学教育普及 米澤 宣行(東京農工大院工 ):国際化学オリンピックおよび化学グランプリの活動による化学教育普及 第10回受賞者(平成26度) 受賞者なし 第11回受賞者(平成27年度) 多田 啓司 (旭化成(株) ):産学官交流深耕/活性化に関する長年に亘る顕著な貢献 第12回受賞者(平成28年度) 受賞者なし 第13回受賞者(平成29年度) 該当者なし 第14回受賞者(平成30年度) 安平次 重治 (宇部興産):日本化学会の公益社団法人認定および産学連携の活性化に係る顕著な貢献 第15回受賞者(年度) 該当者なし はじめにもどる. 分光分析 座長 高橋 由紀子(13:10~13:50) ※pc接続時間 13:00~13:10(3h3-26,3h3-28) 3h3-26 * 電気化学遠紫外分光法の開発~電極界面イオン液体の電子励起スペクトル測定~(阪大基礎工) 田邉 一郎・今井 雅也・井本 彩葉・福井 賢一.

3 Description: xi, 196p ; 21cm. 分光分析 フォーマット: 図書 責任表示: 北森武彦, 宮村一夫共著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 丸善,. Therefore, it is concluded that the establishment of functional foods that correctly regulate stress response must be firmly based upon scientific knowledge and legal regulation. See full list on wpedia.

第1回受賞者(平成7年度) 野村 琴広(住友化学 ):一酸化炭素/水系を用いる遷移金属錯体触媒による芳香族ニトロ化合物の高選択的還元反応に関する研究 安藤 昌儀(阪工研 ):遷移金属酸化物薄膜を用いた新しい非線形光学材料とオプトケミカルセンサー材料の創製 平尾 明子・宮本 浩久(東芝 ):アモルファスフラーレンを用いた光電変換素子の開発 第2回受賞者(平成8年度) 桂木 能久・梅田 智重・三井 友毅(花王 ):苦味抑制剤の開発とその作用機構に関する研究 橋本 幸二・伊藤 桂子(東芝 ):遺伝子センサの開発 第3回受賞者(平成9年度) 新納 弘之(物質研 ):紫外レーザー誘起反応による高分子材料の表面機能化技術の開発 第4回受賞者(平成10年度) 白神 浩(味の素 ):核酸系抗ウイルス薬の工業化製造法 第5回受賞者(平成11年度) 小野 昇子・松岡 修(三井化学(株) ):原子間力顕微鏡を用いた工業触媒表面解析技術 加藤 隆志 (富士写真フイルム(株) ):写真用近赤外J-バンド増感色素の構造設計に関する研究 第6回受賞者(平成12年度) 名取 至(旭化成(株) ):主鎖に六員環を有する新規炭化水素系ポリマーの開発 三谷 誠・斉藤 純治・松居 成和(三井化学(株) ):新規な超高活性オレフィン重合触媒の開発 第7回受賞者(平成13年度) 林 貴臣・柴原 敦・清野 真二 (三井化学(株) ):新規ホスファゼン触媒の開発 第8回受賞者(平成14年度) 荒木 猛司(超電導工学研究所 ):化学溶液法による高特性YBa2Cu3O7-x超電導薄膜の開発 中山 康・坂東 秀樹(三井化学(株) ):塩化マグネシウム系助触媒を用いる新しいシングルサイトオレフィン重合触媒の開発 第9回受賞者(平成15年度) 福村 考記・林 秀俊(三井化学(株) ):新規フッ素化剤2,2-ジフルオロ-1,3-ジメチルイミダゾリジン(DFI)の開発 第10回受賞者(平成16年度) 該当者なし(候補者の推薦がなかったため) 第11回受賞者(平成17年度) 薙野 邦久・中村 史夫・瀧井 有樹(東レ(株) ):柱状構造を用いた超高感度DNAチップの開発 永田 浩一(フロンティアカーボン(株) ):DBUとの選択的錯体化を用いたフラーレンの工業的分離方法の開発 宇都宮 賢・川上 公徳・押木 俊之(三菱化学(株. 平成17年3月31日公開(特開) Domestic. 第1回受賞者(昭和58年度) 石戸 勵(青森県立青森高 ):化学変化の量的関係に関する指導法の研究 越野 清(北海道立美唄東高 ):北海道地区小・中・高等学校化学教育振興への貢献 戸苅 進(名城大学教職課程 ):化学を中心にした理科教育の実践的研究 福島 八郎(元東京都立北園高 ):中等化学教育への先駆的研究と指導 松岡 忠次(京都理化学協会 ):高等学校化学教育の改善向上と指導者の育成 第2回受賞者(昭和59年度) 大槻 勇(宮城県立鶯沢工業高 ):化学教育における新しい教材の開発 鬼島 正雄(千葉敬愛短期大学 ):千葉県における高校理科教育の振興 野田 四郎(北海道札幌市立平岸高 ):高校化学教育における指導理念の確立と実験法の開発 松尾 博之(広島県立五日市高 ):広島県における小・中・高等学校化学教育の振興 矢後 一夫(元富山県立富山工業高 ):富山県・北信越地区の化学教育の振興 第3回受賞者(昭和60年度) 大石 博(北海道美幌高 ):北海道における小・中・高等学校化学教育への貢献 杉山 巍(津山工業高専 ):中・高等学校および高等専門学校における化学教育の振興 保坂 純三(岩手県立釜石北高 ):自作開発教材による新しい化学教育法の研究 村田 豊(愛知県立岡崎高 ):独創的な生徒実験の案出と幅広い化学教育実践活動 米田 昭二郎(金沢市立此花町小 ):現場に根ざした化学教育の多面的実践 第4回受賞者(昭和61年度) 井狩 俊久(北海道留萌高 ):北海道過疎地域における高等学校化学教育への貢献 佐藤 早苗(静岡県立焼津中央高 ):高校化学クラブ活動指導における顕著な業績ならびに優れた児童向き科学書の著作 鈴木 啓夫(愛知県立豊橋西高 ):高校化学教育への新しい化学の潮流の導入に果たした業績 福沢 掌(前新潟県立新潟西高 ):新潟県における小・中・高等学校化学教育への貢献 松本 昭(大阪府科学教育センター ):大阪府における小・中・高等学校化学教育への貢献 第5回受賞者(昭和62年度) 井津 定光(京都理化学協会 ):京都府高等学校化学教育向上と指導者の育成 岩下 紀久雄(四日市四郷高 ):東海地区における高校化学教育への貢献 佐野 俊介(坂出高 ):香川県における高校化学教育の改善への貢献 酒井 堂兆(青森農大 ):化学実験指導法の研究と東北地区における.

Amazonで北森 武彦, 宮村 一夫の分析化学〈2〉分光分析 (基礎化学コース)。アマゾンならポイント還元本が多数。北森 武彦, 宮村 一夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 04:x 線分析・電子分光分析:放射化学分析 1 06:nmr,esr,磁気分析:電気化学分析 915 08:センサー,センシングシステム 8323 09:熱分析 113 10:有機微量分析 11 11:質量分析:マイクロ分析系 10 6 13:フローインジェクション分析 7(6) 5. See full list on chemistry. 化学工学 , 59 ,. レーザー分光法による生体成分の超微量分析. 分析化学(2) - 北森武彦 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 分光研究 , 43 ,. 水の精製と計測. ","Antioxidants, 脳, Coffee, Cognition, Dietary Carbohydrates, Feeding Behavior, Humans, Hydrocortisone, Nutritional Physiological Phenomena, Serotonin, Stress.

マイクロリアクタにおける触媒 catalysis for microreactor. 196 化学と工業 │ Vol. 基礎化学コース 分析化学III 超微量分析. 特集1 サステイナブル資源・物質戦略:化学の取組み マイクロチップ分析システムと 合成システム 北森武彦 1. 分析化学||ブンセキ カガク ; 2) 丸善,. 第1回受賞者(昭和58年度) 〔物理化学部門〕 原田 義也(東大教養 ):ペニングイオン化電子分光法による分子および固体表面の電子状態の研究 〔有機化学部門〕 菅 隆幸(広島大理 ):イソプレノイドの生合成,特にプレニル鎖の延長と環化に関する研究 〔工業物理化学部門〕 吉田 宏(北大工 ):電子スピン共鳴法による凝縮相放射線化学の研究 〔有機工業化学部門〕 浅見 柳三(名工大工 ):マクロマーの合成と重合性に関する研究 〔無機工業・工業分析化学部門〕 高木 誠(九大工 ):機能性クラウンエーテルの分子設計と分析試薬への応用 〔広領域部門〕 坂田 忠良(分子研 ):色素・半導体の光触媒作用-光エネルギー変換への応用 原田 宣之(東北大非水研 ):絶対構造決定のための円二色性励起子カイラリティー法の開発に関する研究 第2回受賞者(昭和59年度) 〔物理化学部門〕 小川 禎一郎(九大総合理工 ):電子衝撃発光スペクトル法による分子の励起・解離過程の研究 〔有機化学部門〕 桑嶋 功(東工大理 ):ケイ素およびセレンの特徴を活用した特異的有機合成反応の開発 〔無機・分析化学部門〕 木村 栄一(広島大医 ):大環状ポリアミン錯体化学の研究 〔工業物理化学部門〕 田中 虔一(東大物性研 ):固体表面における活性点の機能と反応の中間体に関する研究 〔有機工業化学部門〕 村井 真二(阪大工 ):一酸化炭素の新規高選択的触媒反応の開発 〔無機工業・工業分析化学部門〕 柳田 博明(東大工 ):組織制御による電子機能性セラミックスの設計と開発 〔広領域部門〕 生越 久靖(長岡技科大工 ):環状テトラピノールと金属錯体に関する生物無機化学的研究 第3回受賞者(昭和60年度) 〔物理化学部門〕 今村 詮(広島大理 ):有機化合物および高分子化合物の分子設計のための分子軌道理論 〔有機化学部門〕 秋葉 欣哉(広島大理 ):ヘテロ原子の非共有電子対を用いる新規な反応性の開発 〔工業物理化学部門〕 小野 嘉夫(東工大工 ):固体酸・塩基触媒の作用機構に関する研究 〔有機工業化学部門〕 竜田 邦明(慶大理工 ):有用な抗生物質の合成的研究と開発 〔無機工業・工業分析化学部門〕 合志 陽一(東大工 ):高分解能螢光X線分光法の研究 〔広領域部門〕 砂本 順三(長崎大工 ):人工細胞としてのリポソー. 第1回受賞者(昭和51年度) 玉虫 文一(元東大 ):化学教育,とくに初等中等理科教育への多年の貢献 山岡 望(元岡山大 ):創造的化学教育への比類なき貢献ならびに化学史を通じての化学教育界への寄与 第2回受賞者(昭和52年度) 朝比奈貞一(元東京科学博物館 ):博物館活動を通じての青少年を対象とする化学教育への多年の貢献 植村 琢(東工大名誉 ):化学史を含む著作活動を通じての化学教育への多年の寄与 第3回受賞者(昭和53年度) 奥野 久輝(立教大名誉 ):私学における化学教育への貢献と化学教育・化学史の著作,編集 竹林 保次(元東教育大付属高 ):理科教育における多年にわたる指導と研究活動,とくに現場における実践を通しての中等化学教育への寄与 第4回受賞者(昭和54年度) 樫本 竹治(元金沢大 ):旧制高等学校等における化学教育への寄与・化学教科書の著述等の先駆的業績 竹林 松二(阪大名誉 ):一般教育としての化学教育に対する貢献 第5回受賞者(昭和55年度) 西川 友成(元府立大和川高 ):高等学校化学教育における新しい実験の開発と実践 蟇目 清一郎(元北大 ):大学教養課程における化学教育への貢献と高等学校化学教育との連携への寄与 第6回受賞者(昭和56年度) 大木 道則(東大理 ):わが国化学教育研究の組織化と国際化への貢献 松浦 多聞(元広島大 ):化学教育とくに中学校・高等学校化学教育の振興への多年の寄与 第7回受賞者(昭和57年度) 島村 修(東大名誉 ):高校化学の現代化と化学教育部会創立への貢献 中西 啓二(四条畷学園女短大 ):中学校及び高等学校の化学教育における実験指導の発展に貢献 第8回受賞者(昭和58年度) 加藤 俊二(阪大教養 ):一般教育としての化学教育への貢献 第9回受賞者(昭和59年度) 榊 友彦(名大名誉 ):多方面にわたる積年の化学教育推進への貢献 第10回受賞者(昭和60年度) 山名 修吉(近大理 ):化学教育の基礎的並びに実践的研究とその成果の国際化 第11回受賞者(昭和61年度) 林 良重(富山大教育 ):視覚障害者教育を中心とした化学教育の先駆的・実践的研究 第12回受賞者(昭和62年度) 阪上 正信(金沢大名誉 ):化学史でたどる化学実験の普及等による化学教育への貢献 第13回受賞者(昭和63年度) 小出 力(. マイクロ流体システム Microfluid System.

第1回受賞者(昭和23年度) 黒田 和夫(東大 ):本邦温泉, 鉱泉の微量成分, とくに放射性元素の定量的研究 佐藤 正典(元満鉄中試 分析化学 分光分析 - 北森武彦 ):大豆油酒精抽出法ならびにこれに関連する研究 第2回受賞者(昭和24年度) 赤堀 四郎(阪大 ):酵素およびアミノ酸に関する研究 八浜 義和(阪大 ):リグニンに関する研究 第3回受賞者(昭和25年度) 杉野目 晴貞(北大),森尾 森一(元二高),田村 国三郎(理研 ):トリカブト属アルカロイドの研究 児玉 信次郎(京大 ):一酸化炭素と水素の反応に関する研究 第4回受賞者(昭和26年度) 千谷 利三(阪大 ):非放射性同位元素の化学 井本 稔(阪市大 ):有機高分子化合物の研究 第5回受賞者(昭和27年度) 妻木 徳一(九大 ):側価環化合物の研究 土屋 知太郎(東工試 ):油脂とくに海産動物油に関する研究 第6回受賞者(昭和28年度) 江上 不二夫(名大 ):細菌酵素および細菌毒素の化学的研究 岡田 辰三(京大 ):水銀法食塩電解に関する研究 第7回受賞者(昭和29年度) 槌田 竜太郎(阪大 ):金属錯化合物の研究 香川 毓美(名大 ):高分子電解質の研究 第8回受賞者(昭和30年度) 東 健一(北大 ):分子構造と双極子モーメントに関する研究 古川 淳二(京大 ):合成ゴム, 天然ゴムおよびビニル化合物の研究 第9回受賞者(昭和31年度) 久保田 尚志(阪市大 ):甘藷黒斑病に関する研究 桑田 勉(東大 ):活性白土とその触媒作用に関する研究 第10回受賞者(昭和32年度) 赤松 秀雄(東大 ):炭素および有機半導体の研究 高橋 武雄(東大 ):アルギン酸に関する研究 第11回受賞者(昭和33年度) 久保 昌二(名大 ):分子の電気能率および磁気能率に関する研究 祖父江 寛(東大 ):繊維状高分子化合物の研究 第12回受賞者(昭和34年度) 島村 修(東大 ):有機化学反応の基礎的研究 牧島 象二(東大 ):工業化学における固体現象の研究 第13回受賞者(昭和35年度) 太秦 康光(北大 ):分析化学の基礎的研究および温泉の化学的研究 岡本 剛(北大 ):金属の腐食および防食に関する研究 第14回受賞者(昭和36年度) 伊勢村 寿三(阪大 ):タンパク質および合成タンパク質類似物質のコロイド化学的研究 矢木 栄(東大. 第1回受賞者(昭和26年度) 目 武雄(阪市大 ):アミノ酸の研究 清山 哲郎(九大 ):高分子電解質の研究 第2回受賞者(昭和27年度) 大木 道則(東都大 ):発情化合物の合成研究 藤原 鎮男(電通大 ):類縁元素の分離分析反応に関する研究 第3回受賞者(昭和28年度) 藤森 栄二(東大 ):有機ケイ光および感光物質に関する研究 鈴木 重成(東亜合成化学工業(株) ):アクリル酸エステルに関する研究 第4回受賞者(昭和29年度) 平井 西夫(岡大 ):ゲル弾性 桜井 洸(阪大 ):米糠油に関する研究 第5回受賞者(昭和30年度) 中西 香爾(名大 ):ロゼオスライシン構成成分およびその他の天然物の構造決定 佐藤 太一(東京工業試験所 ):アルミン酸ソーダ溶液の加水分解に関する研究 第6回受賞者(昭和31年度) 向山 光昭(学習院大 ):置換尿素とウレタン類の熱解離反応の研究 林 泉(阪大 ):レブリン酸誘導体に関する研究 第7回受賞者(昭和32年度) 坪井 正道(東大 ):赤外線吸収によるペプチド, 核酸, セルロースの分子構造の研究 吉田 善一(京大 ):螢光染料に関する研究 第8回受賞者(昭和33年度) 田中 郁三(東工大 ):共役系化合物の光化学ならびに光イオン化の研究 山口 勝(九大 ):ベンゼン環をもつ新カロチノイドの発見とその構造決定 安藤 淳平(中央大 ):溶成リン肥および焼成リン肥の工業化学的研究 山下 雄也(名大 ):芳香族クロルメチル化合物の合成とその応用 第9回受賞者(昭和34年度) 成田 耕造(阪大 ):タンパク質の化学構造に関する研究 宮沢 辰雄(阪大 ):赤外線吸収によるポリペプチドと関連化合物の分子構造の研究 住友 宏(阪大 ):アクリル系重合体に関する研究 田中 誠之(東大 ):赤外線吸収スペクトルの有機工業分析への応用に関する研究 第10回受賞者(昭和35年度) 篠田 耕三(横国大 ):界面活性剤溶液および溶解性に関する研究 分析化学 分光分析 - 北森武彦 和田 昭允(お茶大 ):溶液におけるα-helix の構造とその変形に関する研究 大津 隆行(阪市大 ):高分子合成に関する研究 山田 恵彦(東海電極製造(株) ):改良ピッチの炭化および黒鉛化に関する研究 第11回受賞者(昭和36年度) 朽津 耕三(東大 ):気体電子線回折法による分子構造の研究 栗. 発刊日: 年12月15日 : 定価: 本体61,000円+税: 頁数: 1000頁: 造本: B5 isbn: isbn発行 (株)エヌ・ティー・エス. Amazonで北森武彦, 宮村一夫の分析化学〈2〉分光分析 (基礎化学コース)。アマゾンならポイント還元本が多数。北森武彦, 宮村一夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

. 〔平成4年度まで「化学研究技術有功賞」〕 第1回受賞者(昭和56年度) 松村 善二郎(東北大非水研 ):理化学実験用ガラス装置の研究と開発 第2回受賞者(昭和57年度) 安達 公一・安達 充宏(東大工 ):電子顕微鏡試料の高度作製技術 第3回受賞者(昭和59年度) 紫藤 道生(九大理 ):元素分析による学界への貢献 第4回受賞者(昭和60年度) 早坂 啓一(分子研 ):液体ヘリウムの製造並びに利用技術の開発 第5回受賞者(昭和61年度) 奥宮 正和(阪大理 ):有機微量分析法の改善と推進 第6回受賞者(昭和62年度) 合田 純一(阪市大理 ):有機微量分析技術を通じての化学研究への貢献 三浦 茂男(北大応電研 ):ガラス工作ならびに関連技術による化学研究への貢献 第7回受賞者(昭和63年度) 佐藤 和久(日ノ本合成樹脂 ):多面体構造を基本とする分子模型の創案と開発 高橋 芳男(元東北大非水研 ):高真空および低温実験装置の研究と開発 第8回受賞者(平成元年度) 石川 慎一(阪大理 ):赤外および遠赤外分光分析法における新しい測定技術の開発と利用 中田 利男・浦野和夫(北大触研セ ):触媒研究に関連したガラス装置の開発改良への貢献 第9回受賞者(平成2年度) 安住 和男(東北大理 ):精密分留装置および光化学実験装置の研究と開発 第10回受賞者(平成3年度) 進藤 善雄(元北大応電研 ):分子分光学における測定技術の開発 田原 康照(三菱レイヨン ):化学製品の特性評価装置の開発 第11回受賞者(平成4年度) 瀧 正二(九大工 ):高性能有機分子物性評価装置の開発 成嶋 明(元東北大工 ):ガラス製高性能化学反応容器の研究と開発 第12回受賞者(平成5年度) 高橋 實(東北大反応研 ):高性能高圧流体物性測定装置の開発 山田 英二(北大工 ):高温高圧NMRプローブの開発とその化学への応用 和田 勝(三井東圧化学 ):有用有機中間体新規製法の開発 第13回受賞者(平成6年度) 網田 富士嗣(京大理 ):超高圧下の測定技術と装置の開発 酒井 楠雄(分子研 ):放射光を用いる分子科学研究のための分光器の設計・製作 東海林 正一(石巻専修大 ):高圧液化ガス研究ならびに分光実験用ガラス装置の考案と製作 増井 秀行(住友化学 ):有機化合物の構造解析システムの開発 第. 丸善株式会社() 第III部 展望編 4. 72-3 March 北森武彦氏は非蛍光分子を超高感度に検出定量できる熱レンズ顕微 鏡TLM を開発し,その過程で超微少量液体の流路として派生したマ. はじめに マイクロ化学チップとはガラスやプラスティ ック基板に混合反応や分離精製などの化学操作 を集積して、高度な分析や化学合成を. .

火原彰秀、北森武彦 化学, 59(8),.

分析化学 分光分析 - 北森武彦

email: upoqu@gmail.com - phone:(139) 686-4131 x 2661

バイオリンソロ ロマンティックアルバム - 最上一平 ヤギになっちゃうぞ

-> マハロな気分で! ウクレレ・J-ポップ・ヒット - ケイ・エム・ピー編集部
-> おもしろ実験・ものづくり事典 - 左巻健男

分析化学 分光分析 - 北森武彦 - ココロによく効く非常識セラピー ウィンバーグ ジェフリー


Sitemap 1

サッカーセンスが身につく88箇条 - A.P. マリーニョ - こいぬといっしょカレンダー Friends Dear